« レシピ:焼き茄子とアボカドのバルサミコマリネ | トップページ | BLONDIE フェアウェルツアー »

ホテルハイビスカス

気になりつつ観ていなかった映画のひとつでした。


「ホテルハイビスカス」は沖縄の一家のお話です。


とっても元気な主人公の三恵子は、沖縄の小学生オーディションで選ばれただけあって、演技と思えないくらいはまっていました。


沖縄の言葉使いが、丁寧であり、ほのぼのしており、ちょっぴり可愛らしさがあって、大変心地よかったです。


登場するオジィーが引いているリヤカーに「BMW」と書いてあったのが素敵でした。


「沖縄に行けば皆素敵な人ばかり」という幻想をうっかり抱いてしまうくらい、気持ちのよい映画でした。

« レシピ:焼き茄子とアボカドのバルサミコマリネ | トップページ | BLONDIE フェアウェルツアー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルハイビスカス:

» 源流の碑よ何処へ 加茂川へ [おかやまじゃけん]
旭川流域ネットワーク(通称:AR-NET)の活動も、いよいよ中流域に入って来て、 [続きを読む]

« レシピ:焼き茄子とアボカドのバルサミコマリネ | トップページ | BLONDIE フェアウェルツアー »