« レシピ:ベトナム風牛肉春雨麺 | トップページ | MINI 代車生活終了 »

ステンレス水汚れそうじ

食器の水切りカゴを新しく代えた当初、水受け皿は顔が映るくらい光沢がある滑らかなステンレス板でした。

水滴が大敵なステンレスは「乾拭きをすること」が重要だとのことで、私も最初は白い汚れがつくのが気になって、しょっちゅう乾拭きしていました。
しかし旦那さんに「ちょっとノイローゼみたいだよ〜」と突っ込まれて以来、パタっと毎回の手入れをやめました。

ふと見た時「白い曇りが固まりになってきているな…」というくらいになったら、メラミンスポンジや、洗剤や重曹をつけたスポンジで洗うくらいにしていました。

しかしこの程度の手入れのまま時が経つと、濡れている時は目立たなくとも、乾くと白く浮き上がる汚れ。これが悪化して手で触ると凹凸が感じられる程に固まってきました。

「何かでこそぎ落とせばキズが付いてコーティングがとれちゃう」と不安が先にたち、見てみぬふりしていたのですが、いよいよ「キズが付いている方がまし」くらいまで白い固まりに覆われたので、昨日掃除してみることにしました。

方法は自己流で。。
1.割り箸やプラスチックカード(お財布に入っているもの)を使って、丁寧にカリカリっと白い固まりをこそぐ。
2.次にアルミなどを磨き上げる乳液状のコンパウンドを、ボロ布にとって、磨く。
3.最後に乾拭きで仕上げる。

クエン酸も有効と耳にしたのですが、とりあえず、この方法でかなり満足な仕上がりに!時間はかなりかかりましたが、コーティングのキズも汚れているよりかはましという程度のものでとどまり、表面は買った当初の輝きに近いものが戻りました。

勢い余って蛇口周りの白い固まりも、コンビニで頂くデザートスプーンでコリコリっと取り除き、いつのまにかキッチン掃除の日に…。

たまに丁寧に掃除した後は気持ちよいですね。是非みなさまもお試しあれ。

« レシピ:ベトナム風牛肉春雨麺 | トップページ | MINI 代車生活終了 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステンレス水汚れそうじ:

« レシピ:ベトナム風牛肉春雨麺 | トップページ | MINI 代車生活終了 »