« うつろふ | トップページ | レシピ:ひじき春雨妖しい亜細亜風 »

沼津の魚河岸丸天

日曜に静岡へでかけた続きのお話なのですけど、柿田川湧水群を堪能した後、やっと駅弁も消化できた感じだったので、沼津の港へ向かいました。

3時過ぎだったでしょうか…かつてすごい行列で断念した店「丸天」が、数組並んでいた程度だったので、我々も並ぶことにしました。

待っている間にメニューをみると、色々魅惑的で迷ってしまいます。
呑み仲間の集まりなので相談した結果、基本定食にはせず、お酒と各自食べたい料理をオーダーすることにし、座敷でささやかな宴会がはじまりました。

P1000858“うにぶついくら丼(1450円だったかな?)”は人気メニューだけあってホント食べたかったのですけれど、ごはんものは却下。

お刺身は定食でなく盛り(写真)にして、まぐろのテールシチュー(写真 )、フライ定食…などなど頼みました。

P1000859こちらの商品はどれもボリューム満天なのでビックリ!
トロ串焼きなぞ、店のお姉さんに大きさを尋ねると「普通のやきとりあるでしょ?あんな感じ」と言われて2本注文したら、デカっ!普通じゃないですよ、お姉さん。。

勢い良く次々料理が運ばれ食卓はテンヤワンヤに。
正直お刺身は、驚く程美味という訳ではありませんでしたが、このボリュームでこの値段は満足度かなり高いです。
地味ですが、ゲソ唐揚げが美味しかったデス♪

070603_1538 070603_1557 日本酒も焼酎もオリジナルラベルの小ボトルでした。
だらだら一日中でも呑み続けるメンバーだったので、定食メインのこの店では、ふとすれば周囲の客は数回転入れ替わっています。
早い夕食タイムに突入したようで、お客様がぞくぞく入ってきて、さすがに長居迷惑という気配だったので、退陣。
かなりの満腹でお酒もいただいたのに、相当リーズナブルに楽しめました。次の機会には“うにぶついくら丼”をいただきたいと思います♪

« うつろふ | トップページ | レシピ:ひじき春雨妖しい亜細亜風 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津の魚河岸丸天:

» 魚河岸 丸天 [殿のBlog]
静岡で魚といえばここ。 駿河湾の新鮮な魚が格安でいただけるお店 『 魚河岸 丸天 』 静岡県の中東部に全部で4店舗(沼津港・卸団地・富士・静岡)展開中の魚料理店。 社長自らの目で朝一番に駿河湾で獲れた旬の素材を選ぶというこだわりで、うまくて....... [続きを読む]

« うつろふ | トップページ | レシピ:ひじき春雨妖しい亜細亜風 »