« 黄金のプリンと伝説のプリン | トップページ | レシピ:焼きスパム沖縄そば »

レシピ:キャベツと一緒の冷たい煮魚

●冷房でバランス崩した身体を芯から温めるため、ショウガをたっぷり使います。でも熱い煮物は気が進まないので、軽く冷やしました。温野菜感覚でいただけるヘルシーな煮物です。今回は冷凍の赤魚(アコウダイ)を使いましたが、お好きな旬の煮魚向けの白身魚でお試しください。


Img_3549 1)人参は短冊切りに、多めのキャベツは食べやすい大きさにざく切りに、赤魚の切り身は食べやすい大きさに、ショウガはたっぷりすりおろしておく。


2)高野豆腐をお湯に浸けて戻し(必要に応じて洗い)食べやすい大きさにカットしておく。


3)琺瑯などの厚手で深い鍋に、人参とキャベツを入れて、塩こしょうと和風だしの素(お好みでみりんや砂糖)をふりかけて、蓋をして火にかける。


4)蓋から蒸気がもれてきたら中を確認する。野菜から出た水気で野菜がくったりなってきていたら、魚を投入して酒を加え、再度蓋をして蒸し煮る。


5)魚に火が通ってふっくらなったら、いったん魚だけ取り出し、煮汁が少なければ具材がこげつかない程度の量の水を加え、適宜塩や醤油を加えて高野豆腐も入れて蓋をして煮る。


6)高野豆腐まで味がしみわたったら、火を止め、ショウガを絞り汁ごと加えて全体をまぜあわせて粗熱をとる。冷えると味がハッキリするので、熱いうちに少し薄味に感じる程度に塩をとどめておくとよい。


7)冷えやすいアルミのバットなどに移して冷やし、盛りつける。

« 黄金のプリンと伝説のプリン | トップページ | レシピ:焼きスパム沖縄そば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシピ:キャベツと一緒の冷たい煮魚:

« 黄金のプリンと伝説のプリン | トップページ | レシピ:焼きスパム沖縄そば »