« ジャム工房 かもめ | トップページ | レシピ:焼きオクラと焼き茄子のパスタ »

レシピ:W無花果のクランブル焼きタルト

●食感が残るようサっと砂糖少量で煮た無花果と、赤ワインの風味の利いたトロトロ無花果のコンフィチュールで、違う表情を楽しめるお菓子です。表面はサクサクっとした食感のクランブルで覆うので、無花果の煮汁まで中に閉じ込めても水浸しにはなりませんよ。表面の焼き色が気持ちよくつかないオーブンの場合は、仕上げにオーブントースターでサッと焼いてみてください。


Img_3584 1)無花果のコンフィチュールをつくる。(市販品を利用する場合はスキップ)
無花果の茎と皮を取り除いて角切りにする。


2)琺瑯または銅の鍋に赤ワイン、シナモンスティックをいれて煮詰めて火を止める。


3)無花果、シナモン粉、グラニュー糖、レモン汁を加えてよく混ぜ合わせる。


4)再び点火し、強火で一気に底にへらがあたるようにかき混ぜながら煮る。灰汁は取り除き、艶が出てくるまで数分煮て火を止める。


5)コンフィチュールとは別に、無花果のデザートディッシュレシピと同様に3個分位の無花果を煮る(煮汁はある程度煮しめておく)。冷ましておく。


6)アップルタルトレシピと同様にタルト生地をつくる。


7)クランブル生地をつくる。
小麦粉50g、粉砂糖25g、バター(室温にもどしたもの)40gをフォークの背で押しつぶすようにしながらモロモロポロポロになるように混ぜ合わせる。


8)タルト型にタルト生地をのばし、底面にフォークで数カ所穴を開けたら、煮た無花果とコンフィチュールをそれぞれまばらに全体に均等な配分で敷き詰める。煮汁も注ぎ入れる。


9)クランブル生地を表面にまんべんなくかけ、230〜210度のオーブンで20分〜30分、様子をみながら焼く。

 

名画の言い分―数百年の時を超えて、今、解き明かされる「秘められたメッセージ」 Book 名画の言い分―数百年の時を超えて、今、解き明かされる「秘められたメッセージ」

著者:木村 泰司
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ジャム工房 かもめ | トップページ | レシピ:焼きオクラと焼き茄子のパスタ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシピ:W無花果のクランブル焼きタルト:

» グルメなお取り寄せ、コンフィチュール [お取り寄せ大好き!お取り寄せグルメ!お取り寄せスイーツ]
グルメな「コンフィチュール エ プロヴァンス」のご紹介です。 いろんな味のジャム、平たく言えばグルメなジャム コンフィチュール エ プロヴァンス コンフィチュールのポーションパック、このポーションパックもいろんな種類があって、いろんな味を楽しんでいるうちに、いつも、食べすぎでしまいます。グルメなお取り寄せです。 このコンフィチュールを教えてくれた、友人に感謝! 。グルメな...... [続きを読む]

« ジャム工房 かもめ | トップページ | レシピ:焼きオクラと焼き茄子のパスタ »