« Kuri kuriワークショップの模様 | トップページ | レシピ:タコの香草和え »

レシピ:カブの葉と揚げじゃこのおむすび

●たっぷりの葉付きカブが手に入ったらつくります。白ごまもタップリいれて、体によい栄養が沢山摂れます。和風だしベースですが、隠し味にナンプラーを加えることで、ひと味複雑な旨味がでます。


Kabunohanigiri 1)カブの葉を細かく刻んで、ざるに入れて洗って、水気をざっと切っておく。


2)琺瑯など深い鍋にゴマ油をひき、点火。温まったところにカブの葉を入れる。


3)和風だしの素と塩(ヤマキの「地鶏かつお」で代用better!)、そして醤油とナンプラー各少々を加えると、葉から水気が出るので、それが殆どなくなるまで炒め続ける。


4)火を止めてから、白ごまをタップリと揚げじゃこ(釜揚げのしらすでもOK)加えて混ぜ合わせ、粗熱をとる。

5)ごはんに混ぜて、おむすびに握る。(もちろんそのままお茶碗によそって食べてもよい)

« Kuri kuriワークショップの模様 | トップページ | レシピ:タコの香草和え »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシピ:カブの葉と揚げじゃこのおむすび:

« Kuri kuriワークショップの模様 | トップページ | レシピ:タコの香草和え »