« ベランダ菜園:山椒の木 | トップページ | レシピ:大根ステーキ レタしゃぶ添え »

いつか読書する日

映画「いつか読書する日」。昨晩偶然チャンネルがあって見続けたので、出始めを見そびれました…酷い観方をしてしまったのが心残りですが、とってもよくってかなり涙しました。
2004年の映画なんですね〜知らなかったので出会えてラッキーでした。

お話は、複雑な過去を理由に、お互い心の奥に恋心をしまいこんで平凡な毎日を生きる熟年男女のメロドラマです。
メロドラマというと少々チープな響きですが、違います。
「いやー日本だ!」という美しさや笑いがびっしり詰まっていて、これをすべての役者さんが素晴らしく表現していて、ホント感動しました。
重みとか深みとか本気度とか強さとか、最近姿をひそめたタイプの日本がここにはありました。
田中裕子さん、渡辺美佐子さん、岸部一徳さん…すごい面々です。やっぱり本物の俳優さんは違いますね。

見終わって涙を拭っていると「なんだー俺もみたかったな。面白かったんだね」と仕事中の旦那さんが残念がっていました。
レンタルして頭から改めて見直すのもよいかなと思ってます。

« ベランダ菜園:山椒の木 | トップページ | レシピ:大根ステーキ レタしゃぶ添え »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつか読書する日:

« ベランダ菜園:山椒の木 | トップページ | レシピ:大根ステーキ レタしゃぶ添え »