« レシピ:新ジャガと茹で鶏の棒棒鶏マヨソース | トップページ | 三嶋大社 »

レシピ:小松菜とアンチョビの押し麦黒胡椒風味

●押し麦シリーズのひとつです。茹で鶏のメニューを作ったら少し鶏肉を残しておいて、捨てずにとっておいた茹で汁と一緒に利用することをオススメします。タップリきかせた黒胡椒がポイントです。小松菜の色を鮮やかなグリーンのままにしたい場合は、別に塩茹でしてから刻み、最後に混ぜ合わせるとよいです。

P1010642_2 1)アンチョビフィレを細かく刻む(なければアンチョビペーストでもOK)。にんにくもみじん切りにする。


2)たっぷりの小松菜を細かく刻む。


3)厚手の鍋に、鶏胸肉を茹でた茹で汁を入れ、浮いている余分な脂を取り除いてから茹で鶏胸肉を手でさきほぐしたものを入れ、煮立たせる。


4)ローリエ、塩、アンチョビ、にんにく、オリーブオイル少々、押し麦、小松菜、水(茹で汁が足りなければ全体が浸る程度まで足す)を加えて、蓋を少し開けて中火で5分くらい、押し麦がぷちっとした良い食感になるまで煮る。時折鍋底に押し麦がひっつかないよう混ぜる。


5)煮えたら黒胡椒をたっぷりふって食べる。お好みでフライドオニオンをかけても美味しい。

« レシピ:新ジャガと茹で鶏の棒棒鶏マヨソース | トップページ | 三嶋大社 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシピ:小松菜とアンチョビの押し麦黒胡椒風味:

« レシピ:新ジャガと茹で鶏の棒棒鶏マヨソース | トップページ | 三嶋大社 »