« レシピ:ペコリーノロマーノとブラックペッパーのパスタ | トップページ | レシピ:マッシュルームとナスの鶏ドリア »

CHANGE MAKER(チェンジメーカー)

先週なんとなく当たる気がして、めずらしく買ったロト6が、1000円当たりました。600円分買ったので、400円のプラスそれでも結構嬉しいものですね☆
次もやる気になっての昨日の発表。洗車待ち中、カフェPCで何気なく当選番号をチェックするとぱっと見、私の番号がいっぱい並んでいました…と、そこで洗車終了のお呼びがかかり、正確に確認する間もなく、後ろ髪ひかれながらアワアワと引き上げることに。
車内で興奮しつつ、帰宅後落ち着いて確認すると…わたくし古い当選番号を見ていました正しくは、全部はずれま、束の間でもあれだけ興奮できたので、十分元取れたということで♪

ギャンブルで得るお金も嬉しいですけど、やっぱり働いて誰かに喜ばれてお金をいただくのが一番ですよねぇ。
昨晩たまたま観たテレビ番組「CHANGE MAKER」。面白かったです
「ソーシャルビジネス」ってご存知ですか?私はよく知らなかったのですが、NGOやNPOではなく会社形式で、社会的使命を目的に行われるビジネスだとか。
この番組では、2つのソーシャルビジネス会社の男性社長さんと、その事業を紹介していました。

一つ目は、対立するイスラエルとパレスチナを、トマトペーストの製造・販売ビジネスで結びつけた社長さんの話。
ホロコーストの生き残りであるユダヤ人のお父様(お母様だったかしら?)を持つことからも、幼い頃から世界平和への意識が高く、大学でも研究されていたそうです。留学先のイスラエルで出合った極上のトマトペーストにビビビっときて、今の事業を始めたそうです。

トマトペーストの原材料をパレスチナで生産、それを使ってイスラエルで製造、アメリカで販売というスタイル。
トマトペーストを売る目的は、世界平和。一緒に稼いでお財布を一つにすることで、争いを止めようということなのです。

とはいえ、はじめから現在のようになった訳ではなく、はじめは南米にてサルサソースで試したものの、輸送途中のテロが激しく断念。南アフリカではパスタチップスを試すも、アメリカのダイエットブームで売れ行き悪く失敗。。と、しつこく続けての今だとか。

もう一つは、スイスの暗闇レストラン経営者の話。
その名の通り、真っ暗闇のレストランで、料理をいただくというだけのレストランなのですが、大変人気なのですって☆
まずは明るい入り口でメニューをオーダー。その後、ウェイトレスの肩につかまり、暗闇のテーブルへつきます。そのまま運ばれてくる料理を何も見えない中で頂くという訳です。
味はもちろんとっても美味しいそうですが、何も見えないので食べるのに当然一苦労それ故に、皆の会話がはずむということで、初デートでも会話に困らないねといった感想が飛び出る程。

ウェイトレスは暗闇でもスイスイまるで見えているように動けるのですが、それは彼女たちが視覚障害者だから。このレストランでは、お客さんたち皆が視覚障害者の彼女に頼りっきりで過ごすという、日常と立場逆転の世界なのです。

社長さんは元々やり手の空間デザイナーで、いくつものレストランなど建物のデザインをしてきた方なのですが、目が不自由になり、現在殆ど視力がないそう。
そこでこのレストランを思いついたのだというから、本当に着眼点が素晴らしいですよねぇ。
「障害者がレストラン開くから、寄付してください」という店にはしたくなかったと社長さん。
楽しみながら体感してもらって理解とお金を得る…凄いです。

なるほど、私も常々しっくりこなかったのですよねぇ。募金とか、いわゆる慈善事業とか、技術教育など非営利事業で社会貢献するといういうスタイルに。こういう既存のスタイルでの問題アプローチももちろん欠かせないのでしょうが、ソーシャルビジネスは個人的にスッキリするスタイルで、とっても刺激をうけました。

« レシピ:ペコリーノロマーノとブラックペッパーのパスタ | トップページ | レシピ:マッシュルームとナスの鶏ドリア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『CHANGE MAKER』 は、来年の4月からはTBSが「ザ・イロモネア」の後継番組として放送するそうです。

湘南たかとり1丁目さん、はじめまして。
お知らせありがとうございます。
チェックしてみます〜。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CHANGE MAKER(チェンジメーカー):

» 保安官ニコルス [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
西部にも自動車が登場し始めた1914年、銃嫌いの元騎兵隊獣医ニコルスが故郷アリゾナに帰ってみると、町は悪党ケッチャム・ファミリーに牛耳られていた。 ニコルスはケッチャム(ジョン・ペック)から家族の土地を返してもらう引き換えに保安官になることを承知する。 [続きを読む]

« レシピ:ペコリーノロマーノとブラックペッパーのパスタ | トップページ | レシピ:マッシュルームとナスの鶏ドリア »