« 北海こがねのフレンチフライ | トップページ | レシピ:鶏の竜田揚げ withパクチー »

レシピ:プティサレ煮のミルクソース添え

●仕込んだ「プティサレ ローズマリー風味」を使った料理です。牛乳の煮汁をあまり煮詰めず頂いても美味しいですが、今回は煮汁をかなり煮詰めてソースにしました。おかずとしてもちろんですが、是非茹でたほうれん草など野菜と一緒に、パンにはさんでサンドイッチ感覚で食べてみてください。バラ肉の脂の攻撃が和らいで頂けます。

P1020199 1)プティサレ(肉)のまわりについた、にんにくやローズマリーなどを取り除く。


2)鍋底に肉の脂身が接するように置いて、点火。中火で様子をみながら、脂身がこんがり焼き色がつくまで焼く。恐ろしいほど溶け出した脂はキッチンペーパーなどで拭き取りながら焼く。


P1020200 3)脂身面がしっかり焼けたら、残りの面も肉の色が変わる程度の加減で、肉ブロックの表面全てを焼く。中まで火を通す必要はない。


4)火を弱めて、はじめに取り除いたにんにくやローズマリー(好みでフレッシュローズマリーを足してもよい)を鍋に入れ、牛乳を注ぎ入れる。肉ブロックが全部隠れるか隠れないかの分量でOK。蓋をして弱火で煮る。ふきこぼれないよう、時折蓋をはずし、火加減を注意する。


5)肉に串を刺し、透明の汁があがってくればOK。そこで肉ブロックは取り出す。


6)鍋に残った煮汁は、かきまぜながら中火で煮詰め、くるみ色のトロトロなソースになるまで火にかける。


7)取り出した肉ブロックは、食べやすい厚みにカット。ソースをかけて食べる。

« 北海こがねのフレンチフライ | トップページ | レシピ:鶏の竜田揚げ withパクチー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシピ:プティサレ煮のミルクソース添え:

« 北海こがねのフレンチフライ | トップページ | レシピ:鶏の竜田揚げ withパクチー »