« レシピ:豚の角煮2 | トップページ | レシピ:プティサレ ローズマリー風味 »

はぎれレザーのティッシュボックスカバー

晴れ続きで気持ちよいですが、寒さ厳しくなってますね〜!
特に寝起きは乾燥が気になり、近頃は加湿器必須です。でも旦那さんはあまり気にならないようで…。

P1020181 逆に、私が全く気にしていなかった卓上のティッシュボックス。旦那さんは大変目に障って気になっていたようです。安いのを買うと、どうしても箱のデザインが…ねぇ〜。気に入らないそうです。
特にシールが手元にあると、つい貼りたくなる私が無意識にやってしまったコレ…。
余計に苛つくそうで

それも御尤もということで、ティッシュボックスカバーを手作りすることにしました。
100均とかで買っても良いのですけどね、ずっと使い途に困っていたレザーのハギレが目に留まったので、それを使って作ってみる事にしたのです。

P1020178これまた整理したら出てきたシッカリしたボール紙を利用して、まずはティッシュボックスより気持ち大きめの寸法に展開図を描き、裁断。
普通紙を細く切って糊を塗ったテープで、組み立てたボール紙を接着。
後は、ボール紙より気持ち大きめの展開図にカットしたレザーを、布用ボンドをむらなく塗り伸ばしてボール紙ボックスに貼付けました。

工作って楽しいですよねぇ〜♪一気に作り上げてしまいました★
で、やれやれと被せてみると、取り出し口を大きくとりすぎてしまって、少しティッシュボックスが見えてしまうではないですか!
「何故途中で被せて確認しない?」と突っ込まれるのは毎度。これがアバウトで突進型の私の仕事です。

P1020180 P1020179 口を狭めるために、裏から残ったレザーを貼付けて一件落着を目指すも、ズレて貼って一度失敗。。「何故、仮止めしない?」と再び突っ込まれつつも、適当に乗り切りました。
ほら、レザーの表裏異なるテクスチャーがアクセントになって、結果オウライではないですか?
想像していたより、キレイに仕上がってなかなか満足な工作でした。

« レシピ:豚の角煮2 | トップページ | レシピ:プティサレ ローズマリー風味 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はぎれレザーのティッシュボックスカバー:

« レシピ:豚の角煮2 | トップページ | レシピ:プティサレ ローズマリー風味 »