« とうきょう花粉ネット | トップページ | レシピ:森のオムレツ(野菜たっぷりオムレツ) »

レシピ:桜と青のりの葛あんオムレツ

●桜の塩漬けと青のりの入った出汁を吉野葛で閉じ込めた“あん”をかけて、優しく上品に仕立てた和風オムレツです。あおさと青のりは厳密には違う植物ですが、食品名としてはごちゃまぜに使われているようなので、区別して選ばなくてOKです。生青のり(今回はヒトエグサを使いました)の風味のお陰か、ご飯にかけるとお茶漬け気分で、これまた美味しくいただけます。

P1020441 1)桜の塩漬けは、水洗いしてしばらく水に浸けて塩抜きしておく。


2)生青のりは、サッと洗ってザルにあげておく。


3)かつおや昆布などお好みの和風出汁をとる。(和風だしの素でもOK)


4)沸騰させた出汁に水で溶いた葛(片栗粉でもOK)を加えて、かき混ぜながら火にかけ続け、好みの加減のとろみをつける。


5)青のりを加えて火を止め、ひとまぜする。


6)溶き卵に和風出汁・塩こしょう各少々を加えて、油をひいて熱したフライパンでオムレツを焼く。


7)オムレツを器に盛り、水気をきった桜の塩漬けを散らし、青のりの入ったあんをかけて食べる。

« とうきょう花粉ネット | トップページ | レシピ:森のオムレツ(野菜たっぷりオムレツ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。