« ねんりん家のマウントバーム しっかり芽 | トップページ | 渡辺貴子展 at ROBA ROBA cafe »

レシピ:茹で豚の照り焼きサンドイッチ

●茹で豚は、豚の肩ロースブロックに塩をまぶしてラップし数日冷蔵保存したものだとより深いお味ですが、今回は手軽に塩茹でしました。
柔らかくてホロホロになった茹で豚は、そのまま柚子胡椒や粒マスタードをつけておつまみになります。
このサンドイッチは味付けがしっかりしているので、キャベツ多めの肉少なめで十分美味しいです。
茹で豚を多めに作って、そのままと照り焼きサンドの2タイプを楽しむことをオススメします♪

P1030014 1)茹で豚をつくる。
豚の肩ロースブロック(成形ネットが巻いてないものは、タコ糸で形を整えるよう縛ると良い)を、塩と酒を加えた湯に入れ、茹で上げる。保温鍋がある場合は沸騰したところで保温容器へ移す。なければとろ火でじっくり茹でる。茹で上げ目安は、串を刺しても血が出ない状態。
茹で上がったら、取り出して冷ましてから食べやすい厚みにスライスする。(この状態で食べてOK)


2)キャベツを千切りにする。スライサーやピーラーを使って、できるだけ細く薄くカットする。


P1030011 3)照り焼きにする。
多めの三温糖(なければ上白糖でOK)に醤油を加えてよく溶き混ぜておく。
フライパンにスライスした茹で豚を並べ、弱火で焼く。肉から出た脂で両面がこんがり焼き色のつくまで焼く。余計な脂はキッチンペーパーで丁寧に拭き取りながら焼く。


4)焼き色がついたら、用意した砂糖醤油のタレを適宜かけて、サッとからめたら火を止める。


P1030009 5)食パンを好みの厚さにカットし、ディジョンマスタード(種の外皮を除いたペーストマスタード)をパン2枚とも片面に均等に塗る。


6)キャベツの千切りを均等にパンの端まできっちり敷き並べる。


P1030012 7)照り焼きにした豚肉を並べる。


8)マヨネーズをかける。


9)キャベツの千切りを均等に重ねる。


P1030013 10)もう一枚のパンを重ねて(できればラップで包んで少し時間をおいて寝かせて落ち着かせてから)、食べやすい大きさにカットして食べる。

« ねんりん家のマウントバーム しっかり芽 | トップページ | 渡辺貴子展 at ROBA ROBA cafe »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。