« 新井薬師梅照院 秘仏本尊御開帳 | トップページ | こごみ »

レシピ:ローズマリーチキン

●育てたローズマリーが沢山収穫できたら作ります。下ごしらえをしておけば、後はオーブンで焼くだけでつけ合わせも一緒にできるので、ホームパーティーに重宝するメニューです。
香りが強いハーブですが、男性にも子供にも万人ウケします。つけ合わせのじゃがいもは是非新じゃがで。芋が美味いとほめられます。

P1030821

1)ローズマリーは枝から葉を摘み取り、みじん切りにする。(ハーブチョッパーがあると飛び散らずに切れて便利)にんにくは芽を取り除いてみじん切りにする。新じゃがは皮をむかずに良く洗って1cmくらいの厚みの輪切りにする。お好みでタマネギの串切りも用意する。

P1030822

2)鶏もも肉は、目立つ黄色い余分な脂を取り除いておく。

3)バットにみじん切りにしたローズマリーとにんにく、そして塩(岩塩がおすすめ)とオリーブオイルを入れ、混ぜ合わせたところに鶏肉を入れて手でこすりつけるようにして、ラップをしてしばし常温に置く。(長時間漬け置く場合は冷蔵庫へ)

P1030824

4)オーブンの天板にオーブンシートを敷き、周囲に野菜を、中央に漬けておいた鶏肉を皮目を上にして並べ、全体に軽く塩こしょう(こしょうは粗挽きをおすすめ)とオリーブオイルをふっておく。

P1030825

5)300度に熱したオーブン上段に天板を入れ、まず30分程度焼く。
オーブンにもよるので様子をみて、焼き上がりを判断する。肉から脂が沢山流れ出ていれば大概焼けている。気になる場合は一部野菜や肉を取り出してみて、好みの焼き加減になるまで焼き時間を延長する。(予熱をしていない場合は特に長く焼き時間がかかる)

6)電気オーブンだと皮目の焼き加減のみ足りない仕上がりになりやすい。その場合は肉だけ更に魚焼きグリルでサッと焼いて、皮目をカリカリに仕上げるとよい。

P1030827

7)肉は包丁で食べやすい大きさにカットし、皿につけ合わせの野菜と一緒に盛りつける。枝つきローズマリーをあしらう。

« 新井薬師梅照院 秘仏本尊御開帳 | トップページ | こごみ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。