« ル・クルーゼ ファミリーセール Nov. 2011 | トップページ | なんちゃってタルトタタン »

鳥取の漁師さん弁慶丸からお取り寄せ:せこがに

今年はホントに目一杯課題が山盛りな日々で、ブログは疎かになっておりますが、お陰様で元気にやっております♪
毎度ちょっと前の話題になりますが、また日本海のお魚お取り寄せしてみたので、ご紹介します☆

Img_1107

今回はトロ箱いっぱいの大きさの「赤カレイ」、山陰の珍味といわれるびっくりする大きさの「赤バイ貝」、キラッキラの「白いか」、そして期間限定の松葉ガニのメス親蟹「せこがに」の詰め合わせが届きましたっ

はい、エビ蟹がアレルギーで食べられない旦那さんは魚が目当てです。ので、魚はカレイのみのラインナップでじっとりと妬まれましたが「赤カレイ」と「白いか」を夢中で食べておりましたので、良しとしましょう。

Img_1109

Img_1146

Img_1114

Img_1119_2

オススメの調理法と、難しいものはさばき方が書いた説明書が添えてあるので、それに従い「赤カレイ」は煮付けに、「白いか」は絶対刺身ということで、調理。

はぁ〜美味しい上手にできたというより、素材がめちゃくちゃよいので不味くなるはずがない。カレイも沢山卵がついていて、スーパーではなかなかみられないもの。

Img_1111_2

Img_1112

Img_1118_2

で、慣れないものがまず「赤バイ貝」。これ、刺身にしたいなら殻どうすんの?ということで、説明書をみると「包丁の背などで割る」とあります。

なるほど、思ったより簡単に割れて身から剥がれます…が、やはり素人。注意していたつもりが指をざっくりやってしまいました
気を取り直して、この貝さばきの最大ポイント「唾液腺を取り除く」の工程へ。肝もいただけるのですが、内臓は全て取り除くこととあります。この内臓には赤黒い唾液腺が含まれていて、これに人は酔う場合があるとか。。うーむ、写真付き説明書でも多分ここかな?という不安のつきまとう素人実地判断でなんとかクリア。うーん、このオレンジの部分もだめだったのかな?適当に食べちゃいまして、酒に酔ったのか貝に酔ったのか、くらっとしましたが無事でした。

しかしお魚取り寄せてまだ2度目ですが、知らないことが沢山で、すごく楽しいです☆生物ってすごい。イカも貝も味がめちゃくちゃ濃いんですねぇ。

Img_1108

Img_1110

Img_1117

Img_1120_2

次、蟹!
足取れということですが、1本くらい欠けてるだけ。貴重なせこがにを一人で二つも贅沢です♪
これもさばき方が写真入りで添付してありました。調理は塩ゆで。

Img_1121

まず外子を腹からはずします…うわっ、海ブドウの赤黒いみたいな卵♪食感もプチプチして少し海藻みたい。

Img_1122_2

Img_1125

次は片側の足まとめて折り曲げ腹ごと取り外し、もう片方も同じく外し、食べられない足根元のミノというヒダを取り除きます。
これで足は一本ずつ折って身をいただきます。小さくて細いから無言になりますが、美味しい。

Img_1123

Img_1126

Img_1128

そして残った胴体。口は指を押し当てて取り除き、甲羅の中のミソをかき集めていただきます♪
ひゃーこれこれ酒がすすみます♪さばくのに手がべとべと、足ほじるの面倒くさいですが、卵とミソ、これはゆっくり晩酌の友に最適でした☆

Img_1116

沢山だったので、翌日に持ち越したイカや貝の刺身。これはなんと二日目の方が柔らかくネットリして美味しかったです〜☆初日は生きていたものですから、特に貝が硬めでした。
蟹の足も、翌朝汁にしていただきました。

松葉蟹一色の日本海は一月まで魚はないそうで、また来年魚目当てで注文したいと思います

« ル・クルーゼ ファミリーセール Nov. 2011 | トップページ | なんちゃってタルトタタン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。