« 生ぬか床 | トップページ | 新居計画23:照明器具・電気配線 »

レシピ:大雑把なラザニア

●ミートソースは沢山作り置きして冷凍しておくと、直ぐ作れて便利です。
四角いラザニアなのにオーバル型の皿で大雑把につくったので溢れた端がおこげになってしまいましたが、ここはここでカリッと美味しくいただけます。
生クリームを使わないので見た目以上にサッパリと頂け、寒い日にはとても嬉しいメニューです。

Img_3279

1)ミートソースをつくる。
1. 豚肩ロースはひき肉に(フードプロセッサーで挽く場合は粗挽きと細挽きの両方を混ぜると食感が楽しめるのでオススメ)、タマネギ・セロリ(葉・軸)・にんにくはみじん切りにする。

Img_3368



2. 大きな厚手の鍋にオリーブオイルをひき、少量の塩を加えたタマネギをこがさないようにじっくり炒める。透き通って量が半分くらいに減って来たらOK。

Img_3369



3. セロリとにんにくを加え、セロリがしんなりするまで炒めたら、ひき肉とナツメグを加え、肉の色が変わるまで炒める。


4. ホールトマト缶とあればトマトビュレを加え、トマトをヘラでつぶすように混ぜ合わせる。
全体に行き渡ったら、赤ワイン、水、固形スープの素、ローリエ、塩こしょうを投入して、時折底の方から焦げ付かないように混ぜつつ弱火で煮込む。


5. 煮しまって汁気が減ったら味見をし、塩こしょうで整える。


2)ホワイトソースをつくる
1. バター・薄力粉各30g、あたためた牛乳500cc、ローリエ1枚、ナツメグ少々、塩少々(バターが有塩ならほんのひとつまみでOK)を用意する。


2. 小鍋にバターを入れて弱火で溶かし、薄力粉全量を加えてヘラで全体がなめらかになるまで炒める。


3. あたたかい牛乳を小鍋に一気に加え、一気に混ぜ合わせる。ローリエとナツメグと塩を加えて全体がトロッとするまで炒め、火を止めたら冷ましておく。


3)茄子を炒める
1. 3〜5mm厚の輪切りした茄子を多めのオリーブオイルをひいたフライパンで焼く。

Img_3275



2. 焼き色が着いたら冷ましておく。


4)ラザニアを茹でる
1. 皿の深さにあわせ、3段にするか4段にするか定める。3段なら4枚のラザニア、4段なら6枚のラザニアを用意する。


2. 表示時間通り、タップリの湯に塩を多めに入れて茹でる。湯に投入する時は、一枚ずつ入れてひっつかないようにする。

Img_3276



3. ゆで上がったら冷水に取り上げ、ペーパータオルに引き上げておく。


4)ラザニアを焼く
1. パルメザンチーズ(グラナパダーノ、コンテなどお好みのハードチーズ)をたっぷりすり下ろしておく。


2. 深めのオーブン皿に、ミートソース→ホワイトソース→茄子→削ったパルメザンチーズ(贅沢な時はモツァレラチーズ)→ラザニアの順に重ね、定めた段数繰り返す。
はじめに段数分足りるよう具材を目検討で等分しておくこと。

Img_3364



3. 最後の段は茄子とラザニアを乗せないで(写真は茄子が乗ってますが…)、パルメザンチーズをたっぷりかけて仕上げる。

Img_3274



4. 180度のオーブンで25〜30分ほど焼く。

« 生ぬか床 | トップページ | 新居計画23:照明器具・電気配線 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。